ワキガの悩みには手術が有効

 最近は、ワキガをなくすための手術を受けて、ワキガのない体になったという人が増加しています。

 自分の匂いは、自分では自覚しづらいものですので、それと気づかぬうちに臭いを発散させていないか気にする人もいます。

 ワキガ体質の可能性が高い人は、耳あかが湿っている人、衣服の脇の下部分に黄ばみができてくる、生まれつき体毛が濃い、親がワキガであるなどがあります。

 ワキガとは、生来の体質で体に悪いものではありませんが、程度によっては美容皮膚科で治療をするといいでしょう。

 美容皮膚科での治療に、皮膚表面に電磁波を照射し、汗腺を破壊して発汗やニオイの発生を抑えるマイクロウェーブ治療があります。

 片脇にかかる時間は20分ほどで、効果はずっと続きます。麻酔を使うため痛みもありません。

 効果は有限ですが、脇の下にボトックス注射をすることで汗の分泌を抑え、ワキガの対策にする手術もあります。

 アポクリン腺という、ワキガの汗を分泌する汗腺を除去する方法もあります。

 メスを用いる手術なので、3~5センチの手術痕が残る場合がありますが、汗腺をまるごと取り除くため、手術効果は期待できます。

 5万円程度の手術費用で、保険を適用してできるワキガ手術もあります。

 比較的負担が軽いメスを使用しない治療法や、高い効果が得られる手術があります。

 どういったワキガの状態なのかによって、その人にあったワキガ手術の内容は異なっています。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial