ワキガの手術について

 手術でワキガを解消したいという人は多いですが、手術のやり方としては、ワキガを分泌するアポクリン酸を取り除くというものがあります。

 もしも、自由診療でワキガの手術を行う時には、右と左で合わせて20万円~30万円ほどかかるといいます。

保険が適用できるワキガの手術ならば、両脇5万円ほどで受けられます。

 アポクリン汗腺という汗腺が脇のしたにあるために、ワキガになるといいます。

 アポクリン腺から出る汗は、通常のエクリン腺から出る汗とは異なり、白い乳白色をしています。

 ワキガがするのは、アポクリン汗腺から分泌された汗に含まれている脂質やたんぱく質が、脇の下で他の雑菌の温床になるためだといいます。

 アポクリン汗腺を手術で取り除くことによって、ワキガの匂いが出ないようにするというわけです。

 アポクリン汗腺の除去方法としては、メスを使用する剪除法や、吸引法で周辺の細胞を丸ごと取り除くという手術もあります。

 吸引法では、脇の上側に1センチほどの切り込みを入れて、専用の器具をそこから差し込むというものです。

 差し込む器具は、脂肪吸引手術にも使うカニューレという機会で、アポクリン腺をそのまま吸い上げるという仕組みです。

 吸引法であれば、傷跡が残りにくく、色素沈着も起きにくくなります。

 入院をすることなく、数時間休めば帰れることも、ワキガの手術に吸引法が人気がある理由の一つです。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial